お申込みになるテキストをチェックしてください。

基礎から学ぶ韓国語  ―発音からしっかりと学ぼう―(入門)

受付終了

基本内容

講座コード 21V14041W
キャンパス オンライン
開講期 冬期
分野 実用語学講座
日程 2022年1月12日~3月23日
回数 8回
曜日 水 曜日
時間 14:50~16:20
定員 15 名
単位 8 単位
受講料 15,000 円
対象 ハングルが読めて書けるレベルから
持ち物・服装  

講座概要

冬学期は、秋学期での勉強内容を復習しつつ、韓国語の基礎力をしっかり身につけるようにしましょう。韓国語は日本語ととても良く似ていて、語順も同じで助詞もあり、勉強しやすい言葉です。授業はオンラインで、ひとりひとり発音を丁寧にチェックします。会話もZOOMの「ブレイクアウトルーム」を使って1対1で対話練習ができます。今、このコロナ事態の中、家に籠る時間が多いのを逆手にとって、ぜひ新しい言葉、韓国語にチャレンジしてみてください。

備考

【テキスト】『基礎から学ぶ韓国語講座 初級 改訂版』(国書刊行会) 本体価格 2,100円+税
ISBN 978-4-336-05750-1
テキストは、受講確定後に各自でご用意ください。

【申込期間】2021年11月1日(月)9:00~12月14日(火) 14:00〆切 ※申込順、定員になり次第締め切ります。

【申込方法・受講までの流れ】地域連携センターHPトップページ「お知らせ」からご確認ください。
https://shougai.bunkyo.ac.jp/news/news-list/1/

【受講形態】
オンライン(リアルタイム)受講 Zoom利用

※6名未満の場合は非開講になることがあります。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 1月12日 秋学期の学習の総復習   谷澤 恵介
2 1月19日 第5課(動詞の疑問形「何をしますか?」)   谷澤 恵介
3 1月26日 第6課(해요形「貿易会社で働いています」)   谷澤 恵介
4 2月2日 第7課(かしこまった丁寧形「服を買います」)   谷澤 恵介
5 2月16日 第8課(うちとけた丁寧形「スーパーでよく買います」)   谷澤 恵介
6 3月2日 第9課(漢数詞「2万5千ウォンです」)   谷澤 恵介
7 3月9日 第10課(固有数詞「今、何時ですか?」)   谷澤 恵介
8 3月23日 第5課~10課までの総復習   谷澤 恵介

講師紹介

谷澤 恵介 (タニザワ ケイスケ)
【プロフィール】
1956年横浜生まれ。文教大学教育学部卒。国立釜山大学人文大学院修士課程修了。専門は日韓対照言語研究。釜山女子大学、東洲女子大学の専任講師を経て、現在、文教大学文学部コリア語講師。また専門科目として「東アジア交流史」を担当している。
共著に『耳から入る韓国語1』『耳から入る韓国語2』(学研)、『韓国語ライティングマスター』、『韓国語学習Q&A200』(アルク)などがある。雑誌「韓国語ジャーナル」(アルク)では韓国語教授法研究会「ハンギョドン」のメンバーと共に、「映画で学ぶ韓国語」のコーナーを担当、執筆している。

受付終了

ページの先頭へ