お申込みになるテキストをチェックしてください。

〈やまとことば〉のオノマトペ、からだことばを楽しむ  ―からだことばの語源、回文(逆さことば)、だじゃれを楽しむ―

受付終了

基本内容

講座コード 22V11110S
キャンパス オンライン
開講期 春期
分野 教養講座
日程 2022年6月30日~7月28日
回数 5回
曜日 木 曜日
時間 13:10~14:40
定員  -
単位 10 単位
受講料 6,500 円
対象  
持ち物・服装  

講座概要

まだ文字のない時代、日本には大自然の音や様子から生まれたオノマトペ(擬声語、擬態語)を源流にもつ〈やまとことば〉がありました。その後、漢字伝来とともに「漢字かな交じり文」が主流となりましたが、おもに「ひらがな」で表記される〈やまとことば〉は、日本人の「からだことば」として、豊かな「話しことば」文化を育んできました。〈やまとことば〉のオノマトペ、「からだことば」の楽しさに「わくわく・どきどき」する講座。

備考

【申込期間】2022年4月1日(金)9:30~6月9日(木) 14:00〆切 ※申込順、定員になり次第締め切ります。

【申込方法・受講までの流れ】
https://shougai.bunkyo.ac.jp/guide/index.html

【受講形態】
オンライン(リアルタイム)受講 Zoom利用
オンライン講座の受講にあたっては、以下のページをご確認ください。
https://shougai.bunkyo.ac.jp/guide/online.html

※5名未満の場合は非開講になることがあります。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 6月30日 〈やまとことば〉のオノマトペ、からだことばを楽しむ 〇 〈やまとことば〉のルーツ、オノマトペ(擬声・擬態語)が面白い
〇 幼児は口真似の「からだことば」で、日本語を覚える
〇 幼児のくり返し言葉(畳語)は、ことばの「たまご」だった
〇 め(ま)・はな・みみ、くち……「からだことば」の語源をさぐる
原山 建郎
2 7月7日 書きことば文化の漢字、話しことば文化の〈やまとことば〉 〇 古代中国で生まれた漢字〈甲骨文〉は、神に対する人間の誓約
〇 象形(絵文字)・指示(点と線)・会意(形+意味)・形声(意味+音)文字
〇 五十音の〈ひらがな〉には、それぞれ固有の身体感覚がある
〇 硬く響くカ行、筋の通ったサ行、粘っこいナ行、変化するラ行
原山 建郎
3 7月14日 オノマトペ(擬声語・擬態語)を正しく使い分ける ○ 「どきどき」と「はらはら」、「ぱらぱら」と「ばらばら」
○ 「むかっ」と「かちん」、「ぶつぶつ」と「つべこべ」
○ 「だぶだぶ」と「ぶかぶか」、「ぶくぶく」と「ぶよぶよ」
○ 「くるくる」と「ぐるぐる」、「ふらふら」と「ぶらぶら」
原山 建郎
4 7月21日 ことば遊び、回文(逆さことば)、だじゃれを楽しむ。 ○ 「ジョーク」は冗談、「だじゃれ」はことば遊び
○ 英語にも面白い「だじゃれ(pun)」があった
○ 落語の「なぞかけ」、和歌の「かけことば」
○ 「逆さことば」で作る「回文」は、センスが勝負
原山 建郎
5 7月28日 宮澤賢治のオノマトペ(からだことば)を愉しむ ○ 「にかにかにかにか」「もくもく」(『イーハトーボ農学校の春』)
○ 「どってこどってこどってこ」「ぴかぴか(『どんぐりと山猫』)
○ 「どっどどどどうど どどうど どどう」「こぼこぼ」(『風の又三郎』)
○ 「どしどし」「ぺかぺか」「どほん」(『銀河鉄道の夜』)
原山 建郎

講師紹介

原山 建郎 (ハラヤマ タツロウ)
元文教大学非常勤講師
【プロフィール】
1946年生まれ。早稲田大学卒。主婦の友社入社後、『主婦の友』などの女性誌キャリアを積み、1980年より『わたしの健康』で健康・医学分野の取材を行う。1986~92年まで同誌編集長。その後、同社取締役を経て、2003年よりフリー。健康ジャーナリストとして本格的な執筆・講演活動に入る。著書に『からだのメッセージを聴く』(集英社文庫)、『身心やわらか健康法』(光文社)、『あきらめない!もうひとつの治療法』(厚生科学研究所)など。専門はコミュニケーション論。元文教大学非常勤講師。西野流呼吸法塾生。遠藤ボランティアグループ代表。武蔵野大学仏教文化研究所客員研究員。日本東方医学会学術委員。現在は文教大学地域連携センター講師として、「遠藤周作の作品を読む」「やまとことばでとらえる〔ほとけごころ〕」などの講座を担当している。

受付終了

ページの先頭へ