お申込みになるテキストをチェックしてください。

最強の「エントリーシート」の書き方講座  ―文教大学の「履歴書・自己紹介書」で、一押しの自己PR、志望動機の熱意を伝える―

受付終了

基本内容

講座コード 22V18060S
キャンパス オンライン
開講期 春期
分野 在学生対象講座
日程 2022年6月15日~8月31日
回数 5回
曜日 曜日
時間 録画配信のため曜日・時間の指定はありません/各日配信14:50~2022/8/31まで視聴可能
定員  -
単位 0 単位
受講料 3,000 円
対象 本学在学生・学部3年生
持ち物・服装  

講座概要

大学生の就職活動は、採用企業に提出する「履歴書」と「エントリーシート」から始まる。文教大学の「自己紹介書」には、エントリーシートの3大設問「自己PR・志望動機・研究課題」記入欄があるが、最初に文教大学の練習用「履歴書・自己紹介書」の記入演習、最後に大手企業独自のエントリーシート(設問)攻略のための演習を行う。元出版社の編集者で、退職後も15年以上にわたって、キャリア支援のプロとして活躍中の原山講師の熱血指導。

備考

【申込期間】2022年5月2日(月)9:00~5月30日(月) 14:00〆切 ※申込順、定員になり次第締め切ります。

【最低催行人数】4名

【申込方法・受講までの流れ】地域連携センターHPトップページ「在学生向けお知らせ」からご確認ください。
https://shougai.bunkyo.ac.jp/news/news-list/2/

【ガイダンス】
オンライン(録画視聴)にて実施
視聴期間 2022年5月2日~5月30日
※視聴方法はB!bb'sのメールでご案内します。
※ガイダンスを視聴していない方でも、講座を申込むことができます。

【受講形態】
オンライン(録画配信)受講

【配信開始日及び視聴期間】
各回の配信予定は「講座スケジュール」をご覧ください。
視聴終了日:全動画 2022年8月31日

【講師】
原山 建郎(はらやま たつろう)
1946年生まれ。早稲田大学第一商学部卒。主婦の友社入社後、『主婦の友』などの女性誌キャリアを積み、1980年より『わたしの健康』で健康・医学分野の取材・原稿作成を行いました。1986~92年まで同誌編集長。同社取締役を経て、2003年よりフリーとなり、出版ジャーナリストとして本格的な執筆・講演活動に入りました。著書に『からだのメッセージを聴く』(集英社文庫)、『身心やわらか健康法』(光文社)などがあります。専門はコミュニケーション論、仏教的身体論。元文教大学・武蔵野大学・龍谷大学・玉川大学非常勤講師として、「文章表現」「自己表現技法(プレゼンテーション)」「文章作成・会話表現技法」や、文教大学湘南校舎では「就職ガイダンス」「面接対策合宿」の講師を務めるなど、一貫してキャリア支援の講座を担当。現在は文教大学地域連携センター講師として、「遠藤周作の作品を読む」「やまとことばでとらえる」などの講座を担当しています。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 6月15日 ① 文教大学の「履歴書・自己紹介書」を書いてみる ○「履歴書」 氏名、生年月日、記入年月日、捺印/写真(※なくても可)/現住所、固定電話、携帯電話、Eメール/学歴・職歴、
○「自己紹介書」 資格・免許、趣味・特技/志望動機/学生時代に頑張ったこと/研究課題
※第1回講座までに「履歴書・自己紹介書」に書いておくこと

配信 当日14:50~2022/8/31まで視聴可能
原山 建郎
2 6月22日 ② 自分の強みを売り込む「自己PR」プレゼン演習 ○「自己理解のためのワークシート」(宿題)を点検する
○自己PR(24秒スピーチ)を、約160字でまとめる演習
○40字(最重要)+20字(追加1)+20字(追加2)

配信 当日14:50~2022/8/31まで視聴可能
原山 建郎
3 6月29日 ③ エピソードで伝える「学生時代に頑張ったこと」 ○「大学生の自分を振り返る」ワークシート(宿題)を点検する
○エピソード(自分の経験・実話)の引き出しをつくる
○「挑戦/継続/困難/感動/友人/発見」の経験を書き出す
○ 採用担当者が知りたいのは「大学生のあなた」の頑張り

配信 当日14:50~2022/8/31まで視聴可能
原山 建郎
4 7月6日 ④ 〈熱意〉と〈決意〉で伝える「志望動機」アピール ○就きたい職種は何か、なぜ他社でなくこの会社で働きたいのか
○「きっかけ」だけでなく、必ず「具体的な根拠」を示そう
○業界・企業研究は、「足と目で確認した情報」がポイント

配信 当日14:50~2022/8/31まで視聴可能
原山 建郎
5 7月13日 ⑤ 1分間スピーチは「400字」の冒険物語である ○エピソード(冒険物語)には共通のパターンがある
○まず、結論(いちばん伝えたいこと)から話す
○その理由(なぜならば)をわかりやすく説明する
○その根拠(たとえば)となるエピソードを紹介する

配信 当日14:50~2022/8/31まで視聴可能
原山 建郎

講師紹介

原山 建郎 (ハラヤマ タツロウ)
元文教大学非常勤講師
【プロフィール】
1946年生まれ。早稲田大学卒。主婦の友社入社後、『主婦の友』などの女性誌キャリアを積み、1980年より『わたしの健康』で健康・医学分野の取材を行う。1986~92年まで同誌編集長。その後、同社取締役を経て、2003年よりフリー。健康ジャーナリストとして本格的な執筆・講演活動に入る。著書に『からだのメッセージを聴く』(集英社文庫)、『身心やわらか健康法』(光文社)、『あきらめない!もうひとつの治療法』(厚生科学研究所)など。専門はコミュニケーション論。元文教大学非常勤講師。西野流呼吸法塾生。遠藤ボランティアグループ代表。武蔵野大学仏教文化研究所客員研究員。日本東方医学会学術委員。現在は文教大学地域連携センター講師として、「遠藤周作の作品を読む」「やまとことばでとらえる〔ほとけごころ〕」などの講座を担当している。

受付終了

ページの先頭へ