お申込みになるテキストをチェックしてください。

映像から読み解く日韓・日朝関係 

受講申込

基本内容

講座コード 22S11220W
キャンパス 湘南キャンパス
開講期 冬期
分野 教養講座
日程 2023年1月13日
回数 1回
曜日 金 曜日
時間 10:50~12:20
定員 10 名
単位 2 単位
受講料 1,600 円
対象  
持ち物・服装  

講座概要

いま日韓・日朝関係は難しい時代に入っています。こういう時こそ韓国・朝鮮の人びとから見た歴史そしてヒーローを知ること、そして何よりも素顔の姿を知ることが大切です。ドラマや映画を見ながら日本と韓国・朝鮮との関係を読み解いてみます。 その際に世界の動きとも関連づけてみると興味深いです。今日に至るまで朝鮮半島に生きる人びとが悩み感じてきた環境はこの日本列島の環境とは相当に違っています。そして最後に映像からの21世紀への予言をじっくりと味わってみたいです。

備考

【申込期間】2022年11月1日(火)9:30~12月8日(木) 14:00〆切 ※申込順、定員になり次第締め切ります。

【申込方法・受講までの流れ】
https://shougai.bunkyo.ac.jp/guide/index.html

【受講形態】
対面(湘南キャンパス)

※4名未満の場合は非開講になることがあります。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 1月13日 『隻眼の虎』 21世紀への予言 若林 一平

講師紹介

若林 一平 (ワカバヤシ イッペイ)
文教大学名誉教授
【プロフィール】
1941年北海道札幌の生まれ。高校まで札幌で育ちました。以後は東京生活です。しかし今でも北国の空気がすきです。小学校・中学校のクラス会には毎年欠かさず出席しています。最初、キムチは全然食べられませんでした。ところが、中央アジアを旅してからスパイシーな食事が気に入ってしまい、また韓国を知るようになってからすっかりキムチ(&マッコリ)ファンになってしまいました。元日本国際文化学会会長・現在は顧問。元文教大学国際学部長。文教大学名誉教授。

受講申込

ページの先頭へ