お申込みになるテキストをチェックしてください。

『史記』孫子列伝を読む 

受講申込

基本内容

講座コード 22K11250F
キャンパス 越谷キャンパス
開講期 秋期
分野 教養講座
日程 2022年10月14日~11月25日
回数 4回
曜日 金 曜日
時間 13:10~14:40
定員 10 名
単位 8 単位
受講料 5,200 円
対象  
持ち物・服装  

講座概要

古代中国には、孫子と呼ばれる兵法家がいて、一人は春秋時代の孫武で、もう一人は百年後の孫臏(そんぴん)です。司馬遷(しばせん)の『史記』列伝には卓越した表現力で、二人の活躍を描写しています。『史記』の文章を読みやすくするために、訓点・送り仮名・読み仮名・全文の書き下し文をつけ、語句の説明も丁寧です。『史記』の列伝を読み楽しむことにします。

備考

【申込期間】2022年8月3日(水)9:30~9月21日(水) 14:00〆切 ※申込順、定員になり次第締め切ります。

【申込方法・受講までの流れ】
https://shougai.bunkyo.ac.jp/guide/index.html

【受講形態】
対面(越谷キャンパス)

※5名未満の場合は非開講になることがあります。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 10月14日 孫武の活躍と孫臏(そんぴん)の挫折・災難   謡口 明
2 10月28日 孫臏(そんぴん)活躍と桂陵の戦い   謡口 明
3 11月11日 桂陵の戦いと馬陵の戦い   謡口 明
4 11月25日 馬陵の戦い   謡口 明

講師紹介

謡口 明 (ウタグチ ハジメ)
【プロフィール】
文教大学名誉教授。
43年間高校・大学で生徒や学生と中国古典を楽しんできました。ただ研究・教育という環境の中では、発想の自由さに限界もありました。人間社会の本質に切りこみの視点をあて、考察を深めてみたいと思っています。
1943年鳥取県生まれ。東京教育大学文学部大学院卒。専門は中国古典思想。都立国立高校、私立開成高校、青山学院大学、文教大学などで長く教鞭をとる。著書に大修館書店『修訂大漢和辞典』(共著)、NHK出版『諸子百家を語る』、文藝春秋社『楽しく使える故事熟語』、明徳出版『荀子のことば』、成美堂出版『慣用句・故事ことわざ辞典』、朝倉書店『時代を超えて楽しむ論語』『弟子の視点から読み解く論語』などがある。

受講申込

ページの先頭へ