お申込みになるテキストをチェックしてください。

今知ろう!日韓関係史  ―韓国併合から1945年の解放(光復)まで ―

受講申込

基本内容

講座コード 24K11280S
キャンパス 越谷キャンパス
開講期 春期
分野 教養講座
日程 2024年5月13日~7月1日
回数 8回
曜日 月 曜日
時間 14:50~16:20
定員 20 名
受講料 10,400 円
対象  
持ち物・服装  

講座概要

本講座での授業目的は、日韓併合で日本の支配下に置かれるようになった朝鮮半島において、「人々がどのように生き、行動したのか」を映像や資料を通して知り、共に考えることにあります。授業については、講師がパワーポイントで作った映像資料や動画などをテレビモニターで見せながら、わかりやすく説明します。複雑な日韓関係の歴史ですが、受講者の皆さんからの質問も受けながら、リラックスした雰囲気の中で楽しく授業をしたいと思います。

備考

【申込期間】2024年4月2日(火)9:30~ ※先着順、定員になり次第締め切ります。

【申込方法・受講までの流れ】
https://shougai.bunkyo.ac.jp/guide/index.html

【受講形態】
対面(越谷キャンパス)

※5名未満の場合は非開講になることがあります。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 5月13日 高宗と伊藤博文 (大韓帝国皇帝と、朝鮮統監府統監) 谷澤 恵介
2 5月20日 安重根と明石元二郎 (伊藤博文を殺した義兵と、朝鮮統監府の憲兵司令官) 谷澤 恵介
3 5月27日 浅川巧と朴敬元 (朝鮮の人と風土と芸術を愛した日本人と、朝鮮初の女性飛行士) 谷澤 恵介
4 6月3日 李垠と梨本宮方子 (朝鮮王朝最後の皇太子と、彼に嫁いだ日本の皇族女性) 谷澤 恵介
5 6月10日 李承晩 (アメリカで活動した独立運動家であり、大韓民国初代大統領になった男) 谷澤 恵介
6 6月17日 金子文子と文玉珠 (朝鮮人の男を愛したアナキストと、ビルマ戦線の朝鮮人慰安婦) 谷澤 恵介
7 6月24日 任文桓 (東京帝国大学を卒業し、日本総督府の高級官僚になった男) 谷澤 恵介
8 7月1日 朴正煕 (日本陸軍士官学校を卒業し、軍事クーデターによって大韓民国大統領になった男) 谷澤 恵介

講師紹介

谷澤 恵介 (タニザワ ケイスケ)
【プロフィール】
1956年横浜生まれ。文教大学教育学部卒。国立釜山大学人文大学院修士課程修了。専門は日韓対照言語研究。釜山女子大学、東洲女子大学の専任講師を経て、現在、文教大学文学部コリア語講師。また専門科目として「東アジア交流史」を担当している。共著に『耳から入る韓国語1』『耳から入る韓国語2』(学研)、『韓国語ライティングマスター』、『韓国語学習Q&A200』(アルク)などがある。雑誌「韓国語ジャーナル」(アルク)では韓国語教授法研究会「ハンギョドン」のメンバーと共に、「映画で学ぶ韓国語」のコーナーを担当、執筆した。

受講申込

ページの先頭へ